アメリカの大学との太いパイプ

アメリカの大学とのつながりが深く、海外留学者向けの奨学金(スカラーシップ)を受けるためのサポート力がある「海外留学推進協会」のサービス内容を解説します。

スカラーシップ制度の手配をサポートできる日本唯一の機関

留学支援サポート

留学支援サービス「海外留学推進協会」を利用するメリットのひとつとして、日本で唯一「米国大学スカラーシップ協会」とつながりを持つ機関であることが挙げられます。

このつながりがあることで、海外留学者向けの奨学金情報を得ることができ、支給してもらうための交渉がスムーズなのです。

海外留学者向けの奨学金を受けやすい

学生

米国大学スカラーシップ協会とは、大学とのネットワークを活かし、奨学金の情報を直接大学から集めたり、奨学金の支給交渉をして、授業料・滞在費・食費の50%以上を支給してもらえる大学を紹介する機関。

1997年よりスタートし、世界各国から10,000人以上の学生が利用し、日本では2004年9月より募集を始めて以来、毎年100名以上の留学生を送り出しています。

ほとんどの奨学金情報はホームページ上に公表されていないので、大学に直接問い合わせる必要があります。個人で問い合わせをして詳しい情報を聞くことが難しい留学生にとっては、限られた情報しか得られないのが現状です。そのため海外留学推進協会のようなエージェントを利用して、奨学金の情報を得ることは必要不可欠であるといえます。

さらに、アメリカには4,700以上もの大学があるので、その中から自分に合った大学を選び、自ら手続きをしてスカラーシップを受けるというのは現実的ではありません。

ですから、奨学金の情報収集、交渉、留学プログラムの支援を行っている米国大学スカラーシップ協会との繋がりがある海外留学推進協会を利用するのは、留学先を選ぶ上で大変心強いと言えます。

また、優秀な留学生向けに支給される奨学金はたくさんありますが、米国大学スカラーシップ協会では特別優秀でなくても参加者全員に奨学金を付与する制度をとっているので大変良心的。複数の大学とのパイプがあるため、行きたい地域や学力レベルに合わせた大学を紹介してもらえるのも魅力です。>

奨学金の相談から手続き代行までサポート!
海外留学推進協会の詳しい情報はこちら