モンロー大学

ニューヨーク州のモンロー大学のの特徴や周辺環境、学費、学力レベルといった留学に役立つ情報を紹介。

アメリカ私立4年制大学の平均学費の半分!留学生向けの奨学金制度も充実

特徴

モンロー大学

1933年設立。「生徒たちが未来で成功するための教育」を教育方針に掲げ、最新のコンピューター技術と実践教育を提供。学部過程では専攻分野以外にも心理学、社会学、人類学、文学、歴史といった一般教養の授業を取ることができ総合的な学力と共に、オールラウンドな知識を養える。

キャンパスは、ニューヨークに2校、セントルチアに1校あり約7,000人の生徒が在籍。2年制(準学士)の短大と、大学院(修士)は最短で1年4か月、4年制(学士)の大学は最短で2年8か月で課程修了可能と、通常よりも早く卒業できる制度が用意されている。

どのコースにもインターンシップをするプログラムが含まれており、レジュメの書き方、面接の受け方などの指導を受けることが可能。就職を控えた学生への手厚いサポートを行っている。

また、1クラス平均20名という少人数制を採用し、理論だけではなくプレゼンテーションを取り入れるなど、応用力を身につけるための実践的な授業にも注力。

留学生は世界35ヶ国以上からおよそ1,500人が在籍。留学生でもGPA3.3以上であれば1セメスターにつき最高3,000ドルの奨学金を授与するなど、留学生の受け入れ体制にも定評がある。通常の授業料も、アメリカ私立4年制大学の平均学費の半分と良心的。

環境

ニューヨーク州のブロンクスとウエストチェスター郡ニューロシェルの2ヶ所にキャンパスを構える。学生寮は、ニューロシェルキャンパスに位置。キャンパス、ストア、銀行、公共交通機関が徒歩圏内にそろっているため生活環境は申し分ない。学校が休みに入る夏の時期でも希望者は寮に滞在することができる。

ニューヨーク市内までは地下鉄で30分とアクセスは良好。キャンパス内には図書館、自習室など勉学に励む環境が充実している。

学部の種類

ビジネス関連の分野で著名。最新のコンピューター技術を駆使した教育により国際的なビジネスに通用する学位を取得することができる。会計学、経営学、ビジネステクノロジー、情報処理、法務、調理、観光、 医療事務、医療助手などが人気。

系列の大学

新しく設立された大学院ではMBAの取得が可能。世界的なビジネスリーダーの育成を実践している。

学費

  • 授業料大学:US$ 11,640、大学院:US$不明
  • 滞在費US$ 6,250

学力レベル

  • 英語力の目安大学:TOEFL iBT61/IELT6.0
  • 成績の目安GPA2.5

モンロー大学への留学を検討しているなら

カウンセリングや情報提供、手続き代行を無料で行ってくれる留学支援サービス「海外留学推進協会」へ相談してみましょう。学部や学力レベル、留学費用、奨学金制度についてもアドバイスしてくれるので、必要最低限の費用で留学を叶えることができます。

留学相談も手続き代行も無料の
海外留学推進協会への相談はこちら