ニューヨーク市立大学

留学先として人気のあるニューヨーク市立大学の特徴や学費、学力レベルについて説明します。

全米有数の歴史ある巨大公立大学群

特徴

ニューヨーク市立大学

6校の2年制コミュニティ・カレッジ(日本でいう短期大学にあたる)と11校の4年制大学から構成されるニューヨーク市立大学(CUNY)。150年以上の歴史と格式を誇り、アメリカで最も歴史のある公立大学群のひとつ。

前身は、ニューヨーク市の高等教育機関「フリーアカデミー」で、創設者は、初代駐日公使として来日して、日米修好通商条約を締結したタウンゼント・ハリス。

すべての大学が独立した学術理事会を持っており、入試要項や難易度は各大学で異なり、多彩なカリキュラムが設定されている。比較的リーズナブルな学費で高水準の教育が受けられる大学として全米から、また、世界中の留学生から高い評価を得ている。

ニューヨーク市立大学の中でも最も入学が難しく主力の大学と言われるのがバルーク校。バルーク校のジックリンスクールオブビジネスは、ビジネススクールランキングで全米25位にランクイン。近年その評判を伸ばしているスクールである。

環境

周辺の環境は大学により異なる。ニューヨークの中心であるマンハッタンに近い立地が魅力なのはニューヨーク市立大学スタテンアイランド校。1975年設立で歴史は浅いものの国際交流に最も力を入れている。

学部の種類

学部や学科については大学により異なる。世界160ヶ国からの留学生を含む17,000人の学生が学ぶニューヨーク市立大学バルーク校は、経営学部と行政学部が全米トップクラス。なかでもビジネスコースは世界各国から学生が集まるほどの人気。

世界120ヶ国を超える国から留学生が在籍するニューヨーク市立大学クイーンズ・カレッジでは人文科学系の教育が有名。

系列の大学

州内の各都に小規模の2年制コミュニティ・カレッジがあり、学費や生活費が安いため、州内の高校卒業生の多くが地元のコミュニティ・カレッジにまず入学し、自分にふさわしい専門分野を見つけ4年制大学群の各専門課程へ編入する制度が確立されている。

ニューヨーク市立大学の入学条件としてTOEFL173点以上の取得が義務付けられており、TOEFLのスコアが173点に満たない場合はCUNYの大学附属語学学校に2年間ほど在籍し、最もレベルの高いクラスを修了することで入学が許可されるケースが多い。

学費/年

  • 授業料大学:US$ 17,000
  • 滞在費大学:US$ 16,000 ※ニューヨーク市立大学バルーク校の場合

※大学により異なる

学力レベル

  • 英語力の目安大学:CBT173点以上
  • 成績の目安不明

ニューヨーク市立大学への留学を検討しているなら

カウンセリングや情報提供、手続き代行を無料で行ってくれる留学支援サービス「海外留学推進協会」へ相談してみましょう。学部や学力レベル、留学費用、奨学金制度についてもアドバイスしてくれるので、必要最低限の費用で留学を叶えることができます。

留学相談も手続き代行も無料の
海外留学推進協会への相談はこちら